好記録がたくさん誕生した東京マラソン

その結果を見て、アナ・コンダコーチは、ある視点から
いまのマラソン界を分析しようとした

ツチノコ君、今回の東京マラソンで
サブ10ランナーがたくさん誕生したね。

アナ・コンダコーチ
すごい記録がたくさんでましたね。
お祝いしましょう、お祝い!!

ツチノコ君・・・はしゃぎすぎだよ〜
お祝いもいいけど、
きょうは、そのサブ10ランナーたちの
箱根駅伝の結果にせまってみよう(・∀・)つ

箱根駅伝の結果?? なんでですか??

たんに興味があったから・・・

えっ、それだけの理由ですか??

いやぁ、最近マラソンで結果をだしている選手は
箱根駅伝でかつやくしたランナーがおおいな
と思って・・・φ(.. )

たしかに、ぼくも箱根駅伝をみてたから
しっているランナーばかりでした。

でしょ〜、ツチノコ君も興味あるでしょ!!
しかも、調べていってたら、おもしろいことに気づいたよ。

お、おもしろいことってなんですか??
はやく教えてくださいよ〜

結果はあとのおたのしみに(´∀`*)

じゃあ、さっそく調べていこう!!

まずは、現役のサブ10ランナーたちの
箱根駅伝の成績を一覧にしてみたよ

現役サブ10ランナー 箱根駅伝結果
日本
歴代
名前 所属 タイム 出身
大学
箱根
成績
1
設楽悠太 Honda 2:06:11 東洋大学 2011 3区8位
2012 7区1位
2013 3区1位
2014 3区1位
4
井上大仁 MHPS 2:06:54 山梨学院
大学
2012 1区10位
2013 3区7位
2014 5区参考
2015 3区3位
7
大迫傑 NOP 2:07:19 早稲田
大学
2011 1区1位
2012 1区1位
2013 3区2位
2014 1区5位
9
今井正人 トヨタ
自動車
九州
2:07:39 順天堂
大学
2004 2区10位
2005 5区1位
2006 5区1位
2007 5区1位
11
藤原新 東京陸協 2:07:48 拓殖大学 2001 1区10位
2003 4区4位
21
松村康平 MHPS 2:08:09 山梨学院
大学
2008 1区7位
2009 1区4位
23
川内優輝 埼玉県庁 2:08:14 学習院
大学
2007 6区6位
2009 6区3位
29
中本健太郎 安川電機 2:08:35 拓殖大学 2005 7区16位
34
山本亮 佐川急便 2:08:44 中央大学 2004 8区11位
2006 8区15位
2007 5区3位
38
山本憲二 マツダ 2:08:48 東洋大学 2011 10区1位
2012 3区2位
42
小林光二 SUBARU 2:08:51 中央学院
大学
2008 4区13位
2009 3区15位
2010 2区20位
47
佐々木悟 旭化成 2:08:56 大東文化
大学
2005 5区6位
2006 5区6位
2007 5区6位
2008 2区10位
49
佐藤悠基 日清食品 2:08:58 東海大学 2006 3区1位
2007 1区1位
2008 7区1位
2009 3区2位
50
野口拓也 コニカ
ミノルタ
2:08:59 日本体育
大学
2008 1区11位
2009 3区4位
2010 3区1位
2011 2区14位
55
石川末廣 Honda 2:09:10 東洋大学 1999 2区15位
2000 9区14位
55
酒井将規 九電工 2:09:10 帝京大学 2008 3区15位
2009 5区20位
60
山本浩之 コニカ
ミノルタ
2:09:12 東洋大学 2006 7区13位
2008 3区5位
2009 2区17位
64
北島寿典 安川電機 2:09:16 東洋大学 2007 4区8位
2008 8区1位
68
五ヶ谷宏司 JR東日本 2:09:21 専修大学 2003 5区13位
2004 1区15位
2005 2区20位
2006 1区3位
76
深津卓也 旭化成 2:09:31 駒澤大学 2007 5区7位
2008 8区1位
2010 5区4位
78
園田隼 黒崎播磨 2:09:34 上武大学 2011 5区14位
2012 5区13位
79
荻野皓平 富士通 2:09:36 國學院
大学
2011 2区13位
2012 2区7位
82
一色恭志 GMO 2:09:43 青山学院
大学
2014 1区6位
2015 2区3位
2016 2区3位
2017 2区3位
84
服部勇馬 トヨタ
自動車
2:09:46 東洋大学 2013 9区3位
2014 2区3位
2015 2区1位
2016 2区1位
85
村澤明伸 日清食品 2:09:47 東海大学 2010 2区2位
2011 2区1位
2012 2区3位

おおいですね、コーチ

ぜんぶで、25人の選手たちだ!!

大学別にみると、つぎのようになるよ

大学 人数
東洋大学
6人
山梨学院大学
2人
拓殖大学
2人
東海大学
2人
早稲田大学
1人
順天堂大学
1人
帝京大学
1人
中央大学
1人
中央学院大学
1人
学習院大学
1人
大東文化大学
1人
国学院大学
1人
日本体育大学
1人
駒澤大学
1人
専修大学
1人
青山学院大学
1人

東洋大学すごいですね、コーチ

そうだね〜

パクリですか、それ・・・

いや、たまたまだよ・・・

それよりも、東洋大学のつよさがめだつね

順天堂大学、駒澤大学、東海大学、早稲田大学
といった、箱根でよくきく大学の選手が、すくないな・・・

東洋大学がつよくなってきたのが2009年から

いまでは、箱根駅伝10年連続3位以内という
箱根トップ3の常連大学となっている

すごいですよね、10年連続3位以内とか

そうだね〜

まだいってる・・・

ちょうど東洋大学がつよくなってきたころの選手が
選手としてピークをむかえる歳になってきたこが要因のひとつ

もうひとつの要因としては
高いレベルの選手たちがおおくいるということ

10年連続トップ3のレベルをたもつには
走る10人の平均が高いレベルでないと、でない結果である

1人とびぬけてはやい選手がいても、ほかの選手が区間10位前後では
トップ3の位置にはとどかない

なるほど、人数も関係あるのか・・・

そう考えると、数年後には、最近つよくなってきた
箱根駅伝4連覇中の青山学院の選手たち
選手としてのピークをむかえたときの結果を
分析するのも、おもしろい

大学別にみてもおもしろかったな〜
つぎは、どういう分析をするんですかコーチ

つぎは、選手たちが走った区間をみてみるよ

区間??

そう、区間!!

これが、おもしろいと言ってた結果なんだよ〜

へえ・・・

興味なさそうだけど、調べていくよ!!

サブ10ランナーの箱根駅伝走った区間
区間 述べ人数 経験人数
1区
12人
8人
2区
17人
10人
3区
14人
9人
4区
3人
2人
5区
14人
8人
6区
2人
1人
7区
4人
4人
8区
4人
3人
9区
2人
2人
10区
1人
1人

やっぱり花の2区と言われているだけあって
かく大学のエースがあつまる2区の人数がおおくなってますね

そうだね〜

あとは、1区・3区・5区といった往路の重要区間も おおいですね〜

そうだね〜

ただ、述べ人数という数は
ある選手が同じ区間を2回走ると2人
とかぞえているから、同じ区間を
複数走っている選手がいると
その区間は人数がおおくなるよ

エース区間の2区と山登りという重要区間
さらには、駅伝の流れを決めるという1区に
重要な選手が集まるというのは、だいたい想定できる

予想外だったのが、9区の人数のすくなさ

9区は復路のエース区間といわれるほど重要な区間であり
エース級、もしくは準エース級の選手をえらぶ大学がおおい

23kmと距離も長く持久力がためされ
マラソンに必要なチカラが求められる区間でもある

9区経験者はマラソンむきと思うので
経験者はおおくなるだろうと予想していたが・・・

コーチの予想とちがってましたか??

すこし思ってた結果とちがったかな

で、この結果のどこがおもしろいんですか??

ツチノコ君、だからツチノコのままなんだよ

はい??
花の2区といわれるエース区間を経験した選手
がおおいですね

かく大学のエースだったんだから
そのまま成長して活躍したんでしょ
それで終わりだとおもいますが、コーチ

注目するのは2区じゃないよ、3区だよ

えっ、3区ですか??
ぜんぜん気づかなかったです・・・

この記事をよんでいるあなたも、2区もしくは5区がおおいと
予想していたのではないか

わたしも1番の予想外だったのが、3区経験者のおおさ

とくに、設楽悠太選手、井上大仁選手、大迫傑選手といった
いまの日本マラソン界ビッグ3の選手たちはみな3区経験者だ

へぇ〜、たしかに気づかなかったです

3区は往路5区間の中で、1番スピードがだしやすい区間

はやいスピードでハーフマラソンの距離を走れる選手
1区2区でおくれてタスキを受けとったときに
1人で走っても結果をだせる

そういった能力のある選手が必要となる

だからこそ、チームでもスピードのある選手がえらばれ
まわりにまどわされずマイペースで走れる選手がえらばれる

なるほど〜
だからスピードがあってマイペースで走れる
ビッグ3の選手は、3区にえらばれたんですね

いまやマラソン界は、持久力勝負ではなく、スピード勝負となっている

スピードがないと世界ではたたかえない

マラソンビッグ3が、スピードが求められスピードのだしやすい
3区にえらばれていたのは、偶然ではない

3区を経験するということは マラソンで世界とたたかう登竜門といえる!!

3区を走ることがマラソンで世界とたたかう 道
につながることはわかりました
で、結局のところ、なにがおもしろいんですか??

予想外のデータがでてきたことが
おもしろいんだよ!!

3区がマラソンにつながるとか
予想してなかったでしょ

たしかに・・・

さらにおもしろいデータがある

2013箱根駅伝3区、マラソンビッグ3が直接対決した神回の3区だ

それはおもしろそう!!

2013箱根駅伝3区は神の3区
神の2013箱根3区の結果をドン!!

順位 氏名 大学名 記録
1設楽 悠太東洋大1時間04分36秒
2大迫 傑早大1時間04分44秒
3中村 匠吾駒大1時間05分55秒
4久保田 和真青学大1時間06分16秒
5菊地 賢人明大1時間06分27秒
6山中 秀仁日体大1時間06分30秒
7井上 大仁山梨学院大1時間06分40秒
8高橋 裕太帝京大1時間07分30秒
9松村 元輝城西大1時間07分35秒
10小泉 和也神奈川大1時間07分37秒
11市田 孝大東大1時間07分41秒
12須河 宏紀中大1時間07分46秒
13田井 慎一郎法大1時間07分54秒
14柿沼 昂太国学院大1時間07分57秒
15山岸 宏貴上武大1時間08分12秒
16松枝 博輝順大1時間08分16秒
17野本 大喜関東学連選抜1時間08分33秒
18塩谷 桂大中央学院大1時間08分41秒
19浅岡 満憲東農大1時間09分14秒
20佐藤 佑輔日大1時間10分10秒

現在、実業団で活躍している選手たちが
そろいもそろった神の3区だ!!

この年は、かなりの強風で設楽悠太選手は
風に流されるほどだった

このメンバーが1度に走っていたと思うと
よだれがでてきそうだよ、ツチノコ君

ぼくでも、半分以上の選手の
なまえを知ってますよ!!

ここまでのメンバーが集まった3区
はこの年だけ!!
神の3区として記憶にも記録にも残しておくこと

わかりました、アナ・コンダコーチ!!

まとめ
2区や5区に注目があつまりがちだけど
すこし視点をかえてみてみると、おもしろいデータがみつかる!!

それに気付かされた、箱根駅伝の区間経験分析でした