設楽悠太選手の記事を書きましたが
設楽選手以外の日本人選手も、すごい結果になっていま!!

結果をドン!!
日本人順位 名前 所属 記録 メモ
2
井上 大仁 MHPS 2:06:54 日本歴代4位
3
木滑 良 MHPS 2:08:08 MGC出場権
4
宮脇 千博 トヨタ自動車 2:08:45 MGC出場権
5
山本 憲二 マツダ 2:08:48 MGC出場権
6
佐藤 悠基 日清食品 2:08:58 MGC出場権
7
荻野 皓平 富士通 2:09:36 自己ベスト
8
一色 恭志 GMO 2:09:43 自己ベスト
9
村澤 明伸 日清食品 2:09:47 自己ベスト

設楽選手含め、総勢9人のランナーがサブ10という
すごいレースになりました

MGC出場権をゲットできるランナーは6名(ワイルドカードを除く)

ということは、サブ10でもMGC出場権をゲットできず・・・
状態になる、かつてないハイレベルなレースになりました

井上大仁選手の記録
井上選手の昨年のタイムとの比較です
距離 2018 2017 タイム差
5km  14:48  14:31
+17
10km  29:38  29:13
+25
15km  44:35  44:22
+13
20km  59:27  59:34
-7
中間点 1:02:44 1:02:58
-14
25km 1:14:24 1:14:54
-30
30km 1:29:20 1:30:12
-52
35km 1:44:15 1:45:37
-1:22
40km 1:59:53 2:01:23
-1:30
ゴール 2:06:54 2:08:22
-1:28

昨年は速いペースで入るも、10キロで速すぎると思ってペースを落とした
しかし、今年は記者会見での日本新記録宣言どおり
速いペースを維持する、先頭集団で走る覚悟を決めた(BY 解説の金さん)

20km地点で昨年の記録を上回り
35kmまでは予定どおりだったと思います

たんたんと走る井上選手の表情が
30km後半に入って苦しそうになってきました

大きくくずれないのが井上選手の持ち味ですから
このままいけば日本新・・・というところで
設楽選手の復活!!

ここで設楽選手についていけず・・・
昨年とまったく逆の光景になりました

井上選手の35kmからのペースの落ちぐあいが
5kmラップで設楽選手と比較してみるとわかりやすいです

井上大仁選手の5kmラップ
距離 設楽悠太 井上大仁 タイム差
5km  14:51  14:48
+3
10km  14:53  14:50
+3
15km  14:52  14:52
0
20km  14:51  14:52
-1
25km  14:57  14:57
0
30km  14:56  14:56
0
35km  15:00  14:55
+5
40km  15:11  15:38
-27
ゴール   6:40   7:01
-21

ラスト7.195kmで、48秒差をつけられています
特に、40km以降だけで21秒

50km走などを行い距離を重ねる練習をしてきた井上選手と
スピード重視で最長でも30kmという、距離をふまない練習の設楽選手

本来35km以降では、井上選手の方が有利なはずですが
ここは、スピード持久力の差(速いスピードでも長く走れる力)が出た

世界とのスピード勝負になると、終盤でもスピード持久力が必要になる

スピード持久力の必要性を改めて認識しました


ついに佐藤悠基選手がマラソンで結果をだした‼︎
6回目のマラソンでついにやりました

福岡でも35キロでリタイアしてたので
マラソン向きではないのかなと半分あきらめていたところ
今日のこの記録‼︎

箱根駅伝のころから、ハーフ以上の距離になると足がつっていたので
長い距離のマラソンはきびしいかなと思ってました

ベスト:2時間12分14秒 2016ロンドンマラソン

今回の佐藤選手の記録であれば
今までなら日本人トップ争いをしている記録です

それだけ今日は、走った選手がみな、すごかったということで

これでMGC出場権もゲット!!
トラックの記録からすれば、もっとタイムは伸びるはず!!

東京オリンピックは、マラソンを走る佐藤悠基選手をみたいです



大迫・設楽世代 宮脇千博選手もついにきた‼︎
大学を経ず、高校からすぐ社会人にいった宮脇選手

2010年初期の日本選手権では
佐藤悠基選手や大迫選手と優勝争いをし
ロードでも、初ハーフでいきなり1時間53秒(当時歴代3位)

将来は、大迫選手との2トップ‼︎

と思っていたら、いつしか名前を聞かなくなり
トラックでも駅伝でも、結果が出せない苦しい時期に入っていました

ただ、ここ最近調子を上げており、上位争いするかもと思っていたら
サブ10&MGC出場権ゲット!!

これで、この世代も大迫選手、設楽悠太選手だけでなくなり
少し先には、大迫・設楽・宮脇世代と言われているかも