上位8人中4人が佐久長聖高校で占められた
U20クロカン日本選手権男子8kmの部

昨日の記事で、佐久長聖高校は
オリジナルのクロカンコースで練習している
と書きましたが、その練習効果が、本当結果に表れています

【関連記事】クロスカントリーが夏季オリンピック種目に??



その中でも注目の二人
まずは、優勝した中谷雄飛選手
昨年に続いての2連覇!!


もう大迫2世襲名でしょう、これは

同じ佐久長聖出身
今年の4月から、同じく早稲田大学への入学が決まっています

高校時代に世代トップだったこと(むしろ中谷選手の方が記録はいい)
も含めて、大迫2世襲名しちゃいましょう!!

今シーズンの中谷選手負け知らずです、神ってます!!
結果を見ると、

春の伊那駅伝 2区区間賞
インターハイ 日本人トップの4位&13分台
5000m記録会 高校歴代5位の13分47秒
高校駅伝県予選 1区区間新&歴代記録を30秒以上更新
全国高校駅伝 1区区間賞
全国都道府県駅伝 5区区間賞
クロカン日本選手権 優勝&2連覇

走るたびに、強さとすごさが伝わる
まさしく大迫傑選手そのもの!!

あとは、大学入ってどこまで伸びるか

大迫選手は大学から一気にきたので
中谷選手もここからさらに一気にきてほしいです

もう一人の注目選手が、服部凱杏選手
まだ1年生の伸び盛り時期

それでも上級生に負けない走りをし
8kmという長い距離にも適応を見せました

来年は、松崎咲人選手がいるから、まだエースとまではいかないけど
佐久長聖のエースと呼ぶにふさわしい選手です

昨年の中学3年生3羽ガラスの一人で、鳴り物入りでの入学でしたが
いい感じで成長しています

まとめ
松崎選手、服部選手が残り
富田選手、鈴木選手という都大路1年生タッグも存在

来年もまた、佐久長聖高校から目が離せません!!