昨年の名古屋ウィメンズマラソンで、みんなの度肝をぬいた安藤友香選手清田真央選手

タイムがすごかったこともあるが、何よりその走り方にみんな驚いた(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

えっ、その走り方でよく走れるな・・・
と、誰もが思ったはず!!

今まで見たことがない走り方でしたから・・・

忍者走りと言われたその走り方は、今までの走り方の常識をくつがえした

忍者走りって、どういう走り方??
腕をだらんと下げて、腕を振らずに走るフォームのこと

忍者が水の上を「スーッ」と走るような感じに似ているから、忍者走りと言われた??


ゼッケン番号「6」が安藤選手ですが、こうして他の選手と走り方を比べると、一目瞭然!!

これが2016年4月の動画だから、ほぼ1年後
この走りがマラソン界の度肝をぬくなんて、誰も思っていなかっただろう・・・(´・ω・`)

他の選手は、腕を抱えて腕をしっかりひいて走っていますが
(これが今までの走り方の基本とされていました)
安藤選手は腕の位置が低く、腕の引きもそれほどではありません

う〜ん、見れば見るほど、なんでこれで速く走れるんだろう・・・と思ってしまいます( ・Д・)

忍者走りのメリット
上下動が少ないため、無駄なエネルギーを使わない

あれっ??これ以外のメリットがうかばない・・・(;´Д`)

いや、自分自身でも試してみましたが、全然走れません・・・(TДT)

まじ、この走りの理論が知りたい!!

忍者走りの欠点
腕のふりが小さい分、ストライドが短くなり前へ進む力が弱くなる

いいところと悪いところは、表裏一体といいますが

フルマラソンはいかに効率よく走るかが大事な競技なところ、忍者走りはエネルギーの消耗を最小限に抑えた効率のいい走りで、体力の温存ができます

だた、いかに体力の温存ができるといっても、フルマラソンの後半は誰しもきつくなります

そのきつくなった時、しっかり腕をふって前へ進む力を高める走りが必要になるかなと思います

きつい時こそ腕を振れ、と言われるのはそれが要因です

忍者走りの今後
両選手のコーチも
まだまだ、完成形ではないんですと言っているあたり
改善の余地がありそうです

【Number Web】女子マラソン安藤友香と清田真央。
世界に通じる“忍者走り”の秘密。
(続きを読む)

どういう感じで改善されるのか、楽しみにそして期待して忍者走りの完成形を待ってみようと思います