3月11日(日)に開催される名古屋ウィメンズマラソンの招待選手が発表されました

今年の名古屋ウィメンズはMGCシリーズ指定大会の一つであり、招待選手も、実力者復活を目指す選手初マラソンに挑む選手、と多彩な顔ぶれとなっています

大会の概要

スタート時間: 9時10分
コース: アップダウンが少なく、タイムが狙えるフラットコース
img01
img02
メモ: 完走者には、ティファニーのペンダントが!!(画像は昨年の)
tiffany

招待選手は??

招待選手の一覧をドン!!

名前 所属 年齢 記録(大会)
前田 彩里 ダイハツ
26
2時間22分48秒(2015名古屋)
小原 怜 天満屋
27
2時間23分20秒(2016名古屋)
清田 真央 ズキ浜松AC
24
2時間23分47秒(2017名古屋)
岩出 玲亜 ドーム
23
2時間24分38秒(2016名古屋)
竹地 志帆 ヤマダ電機
27
2時間25分29秒(2016名古屋)
田中 華絵 資生堂
28
2時間26分19秒(2017大阪)
沼田 未知 豊田自動織機
28
2時間27分27秒(2016名古屋)
下門 美春 ニトリ
27
2時間27分54秒(2017名古屋)
加藤 岬 九電工
26
2時間28分12秒(2017防府)
野上 恵子 十八銀行
32
2時間28分19秒(2015名古屋)
関根 花観 JP日本郵政
21
31分22秒92(1万m: 初フル)

昨年3位で2017世界陸上代表の清田選手
転倒しても22分台で走り、2015世界陸上代表となった前田彩里選手
リオ五輪1万m代表で駅伝も活躍している関根花観選手

とレース展開的にワクワクするような選手が集まりました


女王は誰に??

個人的には、上で紹介した3人に小原怜選手を加えた4人の争いになるかなと

4人の今シーズン主なレース結果
名前 大会 結果 メモ
前田 彩里 実業団駅伝予選
実業団駅伝
5区区間賞
5区区間賞
怪我を乗り越えた精神力は
レース終盤必ず支えになる
小原 怜 実業団駅伝
3区10位
苦い思い出ばかりの名古屋
3度目の正直で優勝の味を
清田 真央 忍者走りが今年も
名古屋を沸かせる!!
関根 花観 日本選手権1万
実業団駅伝
6位
5区6位
初マラソン
仕上がり具合が気になる

今シーズンの実績を見ると、本命は前田彩里選手!!
2つの駅伝での区間賞、何より、怪我から復活して走れることの喜びが走りに出ている!!


駅伝で活躍した選手が、そのままマラソンでも活躍する、とは言い切れない
しかし、今年の前田選手はそれをくつがえし、駅伝でもマラソンでも結果を残せる気がしてならない

その前田選手に、忍者走りで有名になった清田選手
過去2回この名古屋で苦い経験を味わった小原選手がからんだ優勝争いになるかなとおもっています

2年前は転倒の影響で3時間以上かかってのゴール
前回は1秒差でオリンピック代表切符を逃してのゴール

今回こそはの思いは強いでしょう!!

そして初マラソンの関根選手
トラックでの実力は折り紙つきですが、ロードはどうなのかな??長い距離への適性は??というところが不明なので、がんばってほしいという期待を含めて候補にあげさせていただきました

3月11日、名古屋の街が盛り上がること間違いなし!!
楽しみです