今日は、東京マラソンがMGCシリーズ指定大会の一つというこで、MGCってそもそもなに??どういう制度??と思ったので、まとめてみました

MGCってなに??

マラソン・グランド・チャンピオンシップのこと
それぞれを英語にして頭文字を取ると、
M(Marathon)・G(Grand)・C(Championship)
となるので、「MGC」と呼んでいる

簡単にいうと、オリンピック代表ランナーを決めるための大会

なんで作られたの??

今までは、オリンピック代表選考レースがたくさんあって、レースごとにコンディションもレース展開も違うから、タイムで選ぶかレース内容で選ぶか、選ぶ基準があいまいだった

じゃあ、1発勝負で決めれば文句ないよね、ってことでMGCの制度ができた

後は、東京オリンピックに向けたマラソン強化として、設定基準をクリアした選手のみ参加できる制度とすることで、選手のモチベーションアップ&世界と戦うためのレベルアップを図る、のが目的

誰が出れるの??

男子は、2017年8月1日〜2019年4月30日の期間中に、以下の大会で、決められた順位とタイムをクリアした選手
大会 基準タイム
(日本人1−3位)
基準タイム
(日本人4−6位)
福岡国際マラソン 2:11.00 2:10.00
東京マラソン 2:11.00 2:10.00
びわ湖毎日マラソン 2:11.00 2:10.00
別府大分毎日マラソン 2:11.00(1位) 2:10.00(2-6位)
北海道マラソン 2:15.00(1位) 2:13.00(2-6位)

もうひとつは、ワイルドカードと呼ばれる次の条件をクリアした選手
【1】2017年8月1日〜2019年4月30日の国際陸連公認大会で、
  (1)2:08:30以内
  (2)期間内上位2レースの平均タイムが2:11:00以内
【2】アジア大会3位入賞者

参考で、日本国内の対象レースは一般の市民大会でもいいらしい
知らんかった・・・

ここで、2時間8分30秒を切るか、2レース平均2時間11分以内で走れれば、市民ランナーでもMGCに参加できることになる・・・

把握しているだけでも、以下のようにたくさんある
開催日 大会名
2017/8/27 北海道マラソン2017
2017/10/9 新潟シティマラソン
2017/10/29 富山マラソン2017
2017/10/29 金沢マラソン2017
2017/10/29 第15回柏崎マラソン
2017/10/29 第2回水戸黄門漫遊マラソン
2017/11/12 第3回さいたま国際マラソン
2017/11/19 第7回神戸マラソン
2017/11/26 第6回富士山マラソン
2017/11/26 第7回大阪マラソン
2017/12/3 第71回福岡国際マラソン選手権大会
2017/12/10 奈良マラソン2017
2017/12/17 第48回防府読売マラソン大会
2018/2/4 第67回別府大分毎日マラソン大会
2018/2/18 北九州マラソン2018
2018/2/18 熊本城マラソン2018
2018/2/18 京都マラソン2018
2018/2/18 第25回KIX泉州国際マラソン
2018/2/18 高知龍馬マラソン2018
2018/2/25 東京マラソン2018
2018/3/4 第73回びわ湖毎日マラソン大会
2018/3/4 静岡マラソン2018
2018/3/25 とくしまマラソン2018
2018/4/15 第20回記念長野マラソン
2018/4/15 かすみがうらマラソン
2018/7/1 2018函館マラソン
2018/10/14 東北・みやぎ復興マラソン2018

いつ開催されるの??

2019年9月以降
まだ正式な日程は決まっていない・・・

MGCでどうなればオリンピックに行けるの??

優勝すれば、その場で即内定!!

2位、3位だと「MGC派遣設定記録 2時間5分30秒」をクリアしたMGC最上位の者
2位でも派遣タイムをクリアしていないと、3位で派遣タイムをクリアした者が選ばれるという制度

ややこしい・・・

ただ、「MGC派遣設定記録」突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定
現状、2時間5分30秒切ってくるランナーはいないと思われるから(厳しくない??この設定)、2位に入れば内定と思う

さらにややこしいことに、MGCで決めるのは2名で、最後の1名は「MGCファイナルチャレンジ」という制度で決まる

MGC上位3人でいいんじゃないの??
そのためのMGC制度でしょ!!と思わずつっこんでしまいました・・・

「MGCファイナルチャレンジ」とは、
福岡国際、東京、びわ湖の3レースの中で、派遣設定記録(未定:2019年5月決定)を上回る最も速いタイムを出した選手が代表に内定する制度

これだと、コンディションによる影響が相当あるから、どの大会を走るか、大会選ぶのも大事になってくる

また、もめそうな予感・・・

まとめ

基準自体は明確になったが、候補レースが複数あるのは、まだまだ改善の余地あり

瀬古さんも、本当は一発勝負にしたかっただろうけど「大人の対応をした」ということで、旧制度を残しつつの新制度というかたちで、折れたということでしょう

MGC一発勝負となると、今までオリンピック選考会レースだった大会を放映していたテレビ局が、有名選手が参加しなくなる→視聴率が減る、ということを恐れて、一発勝負の選考に反発したのだろうと

それで「大人の対応」ということで、旧制度である複数選考のやりかたも残したのであろう

むつかしい世界だな・・・
初めての試みであるMGCが、将来的に、選手のためのベストな制度になることを願っています